前へ
次へ

学校教育のための費用というのは

学校教育というのは日本においては中学までが義務教育であるわけですか、高校までの進学率というのが非常に高いですから事実上高校を一つの義務教育の分類にしているという社会的な側面が存在しています。
大学の進学率もかなり高いことは間違いないのですがさすがに学費がかなりかかるということもありますので、その点は子供が生まれたら教育の費用としてしっかりと計算した上で積み立てておいた方が良いでしょう。
ものすごく大事になってくることが公立であるのか、私立であるのか、ということです。
当然ですが公立の方が遥かに安いです。
当然公立の方が学校としては難易度が高かったりすることも多いですから、それはレベルによっても違うことではありますが、子どもがそうした方向で進学してくれるのであれば学費的には楽ができることでしょう。
しかし、それこそが素晴らしい部分であるといえます。
もちろん、子どものためにどちらの場合でも問題ないお金は用意しておくことです。

Page Top