前へ
次へ

教育と言うものの概念についてよく考える必要がある

教育と言うと小学校に入学して大学を卒業するまでに習うものと言うイメージがありますが、勉強だけが教育の全てではなく大人になってから初めて分かることが沢山あります。
社会人としてのマナーを身に付けられるように小さい頃から教育を受けても実際に体験してみないと分からないことが多く、社会に出て働き出してから分かることも色々あるので大学までで全てのことが分かると言うことは殆どないです。
最近よく耳にする社員教育と言う言葉はそれを如実に表していて、全てのことを大学卒業までに教えてもらうことが出来ればこのようなことをしないで済むのでその意味で教育と言うものは何歳になっても必要であることがよく分かります。
社内で不祥事が起きた場合等は社内教育を徹底すると言う会社のコメントをよく聞きますが、ここからも大人になってからも絶えず教育を受けることが必要であることを物語っています。
このように教育とは子供が親や学校の先生から受けるものだけではなく何歳になっても必要なものなので、社会人になったから教育を受ける必要がなくなったと思わずに毎日謙虚な姿勢で生活することが大切です。

Page Top